So-net無料ブログ作成

スズメバチ捕獲器 [飼育用具、巣箱等]

8月から作っていた、スズメバチ捕獲器がやっと出来上がりました!
ヤレヤレ・・・だ!

購入すれば、出来の良い製品が手に入るけど、趣味の養蜂として楽しんでいるので・・・休日に、道具を作るのも楽しみの一つです!
しかし、暑いこの季節は、大変でした!

作製報告・・!(板等の切断写真は、省略)
これは、罠となる部分を作っているところです、針金(16♯)を螺旋状にします!
 

罠となる部分、スズメバチが通る穴を開けている、
 

製作途中です、罠の部分が出来て来ました(間違って、作っているのがあります、この後直したよ)
 

完成に近づいて来たよ!罠の部分に金網を付けた状態です! 尚、ミツバチが通る部分は、網よりは格子状の構造とするのが望ましいです!
 

やっと、完成・・(´。`) ツカレタ・・ !
尚、この形は、熊谷養蜂で販売している、捕獲器を見本にして作っています、この養蜂場は、養蜂器具等の販売をしているので、よく利用しています!
 

早速、巣箱に取付だ、・・オオスズメバチが時々来ているが、まだ目立った被害は生じていません、
設置した状態です、(正面から見た状態)
スズメバチは、斜め上方向に飛立つ習性があるのでこれを利用した捕獲装置です、飛立つと網で逃げれない、そして・・・上の罠の部分に入りる・・これで駆除します!
 

斜め前から見れば、このように・・・!
捕獲器の高さは、地面から6㎝程度が望ましいです、これでは、高すぎるのと、横からの攻撃を受けそうです! (捕獲器で予防しても、ある程度の被害は生じます)
 

左から、巣箱(標準箱)→予防器(自家製)→捕獲器です!
しかし、これでは万全ではない、オオスズメバチの被害が多く生じます、まだ、工夫したところがあるのですが、・・写真は、ここまで・・・!

★・・趣味の養蜂知識はこの本で得るのが最適です。
ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)


nice!(9)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 5

enosan

私の田舎は捕獲器の使っているのは見たことがないが網の進入防止器?を取り付けていた。
by enosan (2007-09-03 10:12) 

ibeei

日本蜜蜂ならば、予防器だけでも被害は軽減されるでしょう、
西洋ミツバチは、スズメバチに向かってゾロゾロと巣箱から這い出して、噛殺される被害が多く生じます!
by ibeei (2007-09-03 12:43) 

みね

暑い中、お疲れ様でした^^
でも、結構楽しそうな作業ですね。
予定通りに捕獲出来たら、楽しさ倍増ですね^^
by みね (2007-09-04 19:07) 

ibeei

苦労して出来上がった時は、充実感があります!
捕獲器の構造も色々あるのですが、どれも一長一短です!
被害の生じないものは無い、ある程度の被害は避けられません、
それで、中間に緩衝として箱を付けているのです、
これは、効果があります!
by ibeei (2007-09-05 07:58) 

道具も手作りなさるのには驚きます。
いろいろと工夫なさりながら作られるのが、また楽しみのひとつになって、いらっしゃるのでしょうね。
by (2007-09-07 22:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。